伸びちゃった~ ユキヤナギ

植木
スポンサーリンク

こんにちは、よねです。今日は【伸びちゃった ユキヤナギ 】についてお話したいと思います。

ユキヤナギは枝垂れた枝先に小さな白い花をたくさんつける植物で、公園などでも見かけることが多いと思います。花は小さいですが目を引き、ボリュームもありますよね。

その花の可憐さに惹かれて去年の春、小さな高さ20センチほどの株を一つ買って、庭に直植えしました。気づけばその新芽にアブラムシが鈴なりになり。

無農薬でなんとかしたいので、牛乳を水で薄め霧吹きに入れ牛乳スプレーを作りアブラムシに向かって噴射!途端にアブラムシは牛乳まみれになり、牛乳の膜でアブラムシが窒息することで駆除できるのです。

牛乳スプレーは安心安全ですが、デメリットもあり、匂いやカビの原因になったり、そのままにしておくと葉に牛乳スプレーのぽつぽつした白い後が残ってしまうことがあります。

牛乳スプレーをお試しになるときは色々な駆除方法を比較してみてください。

咲いていた花が散ってそのうち葉だけになり、秋には枝だけになってしまいました。

私の庭では風で駄目になる植物もたくさんあるので、今回も枯れちゃったのかと思いきや株元からまっすぐ枝が伸びてきたので、抜くのをやめて放っておきました。

気づけば枝は主軸になり、1.2メートル位になりました。

しかも葉は伸びた主軸の上10センチ位と、もともと購入した時の株にしかなく、中間には枝は全くありません。ただの棒みたいな状態です。

なので手入れするにも難しすぎて手がつかられません。

奥行のない庭にメリハリをつけたいと思って植えましたがなかなか上手く育ってくれないんです。

そんなことの繰り返しで半ばあきらめていたのですが、先日枝に目がぽつぽつと出てきているのを発見しました!!土の中で静かに春の訪れを待っていたんですね。ひたむきに生きているんだなとその生命力に感動しました。

今年は寒かったので成長が遅くなることが予想されますが、枝が伸びて垂れ下がった枝にたくさんの白い花が咲いたらまたご紹介するできれば嬉しいです。

次回は【芝のお手入れ☆サッチ編】についてお話したいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

芝のお手入れ サッチング 手順パートI
こんにちは、よねです。今日は芝のお手入れで【サッチ】 サッチング についてお話したいと思います。三月に入り、そろそろ芝生のお手入れをする時期になりました。この時期にきちんと準備することて芝生の生育に違いがでてきます。花粉が飛んでるし、腰...

≪送料無料≫プロも愛用の人気植物活力液!全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました